お香典のマナーとは

香典袋のマナー

封筒について

香典を渡す際、必ず香典袋に入れましょう。
ご祝儀袋など非常識な封筒に入れない様に気を付けましょう。
香典袋はコンビニやスーパーなどで必ず売られています。
その書き方は香典袋が入っているパッケージに表記されている場合がほとんどです。
表袋と中袋の2つがあり、表には渡す人の名前を書きます。
故人やその家族の名前を書かない様に気を付けましょう。
そして基本は筆、又は筆ペンで色は薄い墨を使います。
弔事用のペンが売られているのでそれを使用するのがベストです。
この薄い色は悲しみを表し、お祝い事の様な真っ黒な色とは異なります。

中袋にはお金を入れ、その裏面に金額、自分の住所を書きます。
この封筒にはサインペンやボールペンを使っても良しとされています。

書き方の見本

先にふれたように、表袋には故人ではなくお金を包んだ側の人の名前を書きます。
香典を複数名で包む場合はどうなるのでしょうか。
夫婦で包む場合には、一般的には夫の名前のみで良いとされていますが、故人が妻側の親族であったり、夫婦共に深いお付き合いがあった場合などに関しては連名で書いても良いとされている地域が多いようです。

夫婦以外の連名で書く場合の最大人数は3名程度とされ、4名以上となる場合は、表書きには代表者の名前を中央部分に書き、その名前の左下に「他一同」と書きましょう。
「他一同」に入る人達の詳細については白無地の紙に全員の姓名、住所、金額を書き、内袋に入れるとよいでしょう。

会社関係の代理や代表として香典を渡す場合には、会社名を中心より右側に、役職そしてフルネームを真ん中に書きましょう。