お香典のマナーとは

知らないと恥ずかしい、香典のマナー

そもそも香典とは何

香典とは、亡くなった人へのお供え物やお線香の代わりに遺族へ渡す金銭のことをさします。
宗教によりその呼び方や捉え方は異なりますが、ほとんどの場合は相手の宗教が何か知らないかと思います。
そういった場合は仏教の方法でお渡しすれば良いでしょう。

結婚式などのお祝い事では、事前に分かっている事なので新札を用意しますが、お通夜・葬式のような不幸のために準備をしていなかったという気持ちを表すためにも、絶対に新札は避けましょう。
もし、新札しか手元にない場合には、一度折り曲げて、折り目をしっかりとつけることでこの不幸を予期していませんでした、という想いを込める事ができます。
しかし、古いお札よど良いともされていませんので、破けているものなどは避けるようにすると良いでしょう。
最近では、あまり気にしない、といった声もありますが、一方で気にする人がいるのも事実、ここは気を付けたいポイントかと思われます。


香典の相場

香典の相場金額は、亡くなった方と渡す人の関係や、渡す人の年齢で異なります。
また、年齢が若いほど金額は低めで大丈夫です。

やはり家族の場合が一番高額で、親の場合は5万から10万円、祖父母の場合は1万から5万円、兄弟は3万から5万円、その他おじやおばなどの親戚は5,000円から2万円となります。
近所の人や友人、その親などが亡くなった場合に渡す相場三千円から一万円で、会社関係は年齢やその関係に関わらず五千円が一般的な相場となっているようです。

もちろん、故人と長く深いお付き合いがあったりする場合には、相場より多めにお渡ししても良いかもしれませんが、あまりに多額を渡してしまうと、もらった遺族も戸惑ったりしますので、できるだけ相場に近い金額を用意すると良いかと思います。