お香典のマナーとは

基本的な香典のイメージとその相場について

悲しい知らせというのは大抵突然やってきます。
人が亡くなった場合もほとんどがそうです。
本当は不幸など一切こないことを祈りたいところですが、そうもいきません。
特に歳を重ねるごとにその機会が増える事が多くなります。
初めてそういった場に出席する場合など、突然のお通夜やお葬式で悲しみの中、少しでも冷静にいられるように、また、非常識だと思われると後々恥ずかしいですので、事前にそのマナーは知っておきたいものですよね。
今回は日常生活の中ではあまり気にすることのない「香典」についてまとめてみました。

葬儀などに出席する場合、欠かせないものが香典です。
その相場は故人との関係により異なります。
また新札は絶対だめなどのルールもあります。

その香典を入れる封筒は、香典袋と呼ばれ、コンビニなどで簡単に手に入れることができます。
お金を入れる中袋と、それを包む表袋と呼ばれる二層構造となっています。
そのそれぞれに送り主の名前などを書く必要がありますが、その先にも薄めの墨で書くなどといった決まりがあります。
また、複数人でまとめて出す場合にはその書き方にもルールがあるので気を付けましょう。

香典袋も用意できたら、次に必要なのが袱紗(ふくさ)と呼ばれる布です。
ハンカチを代わりに使っても良しとされていますが、安価で購入できますので、ここでひと手間かけて用意するだけでも印象が変わるだけでなく、自分自身、気持ちよく渡すことができるようになるのではないでしょうか。
もしも葬儀などを欠席してしまう場合、郵送で香典を送ることができます。
お金を郵便で送る場合には、必ず現金書留として出す必要があります。

知らないと恥ずかしい、香典のマナー

元々、香典とは故人の霊前にお供えするお線香などのことをさしていたようですが、今では遺族に渡す金銭のことをさすようになりました。 葬儀には多額の費用が必要です。 遺族へその足しにしてもらい、故人への想いも伝えることができる手段の一つといえるのではないでしょうか。 その一般的な相場についてもみていきましょう。

香典袋のマナー

香典は香典袋と呼ばれる封筒に入れて渡します。 これは簡単に手に入れる事ができますが、自分の名前の書く場所や、書くペンの種類や色などに決まりがあります。 突然の事で慌ててしまい、間違えて渡してしまって恥をかくことのないようにしっかりと頭に入れておきたいものですよね。

香典を渡すときに気を付けたいポイント

香典自体の準備が整ったら後はそれを渡すのみです。 香典は必ず袱紗(ふくさ)と呼ばれる布に包んで持って行くようにしましょう。 手元にない場合には100円程度で購入できますので、ぜひ香典袋と一緒に手に入れるようにしましょう。 もし手渡しできない場合には郵送という方法もあります。